2020年3月の記事一覧

家の保険について(詳細)

2020.03.31

コロナウイルスの影響が各都道府県で対応が求められています。

埼玉県では、近くの病院では感染された方がいるだとかお話を聞きます。

こういう時こそ正しい情報を聞いて行動しないといけないと感じました。

お客様のお家にお伺いする際も最大限ご迷惑おかけしないよう努めています。

                                  

さて、

お話は変わりますが、お家の保険について簡略化してお話したいかと思います。

【火災保険の補償範囲】
●火災

失火やもらい火による火災の損害の補償
例:火災により住宅が燃えてしまった等

●落雷
落雷による損害の補償
例:雷が落ちて家電製品がショートした等

●破裂・爆発
破裂や爆発による損害の補償
例:漏れたガスに引火して爆発が発生した等

●風災・雹災・雪災
風・雹・雪などによる損害を補償
例:強風で窓ガラスが割れた、割れた窓ガラスから雨が吹き込み家電製品が使えなくなった等

●水濡れ
漏水などによる水濡れの損害を補償
例:給排水設備の故障により部屋が水浸しになった、マンション上階からの水漏れで部屋が水浸しになった等

●水災
台風や集中豪雨による損害を補償
例:大雨で床上浸水してしまった等

●盗難
盗難にともなう、盗取・損傷・汚損による損害を補償
例:泥棒に鍵や窓ガラスを壊された、泥棒に現金や家電製品を盗まれた等

●騒擾・集団行為等にともなう暴力行為
騒擾や集団行為による暴力・破壊行為の損害を補償
例:労働争議に巻き込まれて家を壊された等

●建物外部からの物体の落下・飛来・衝突
建物外部からの物体による損害を補償
例:家に車で突っ込まれた、飛んできた野球ボールに窓ガラスを割られた等

上記は火災保険で一般的保障されるかと思いますが。

保険商品で若干変わりますので、

いい機会ですので、一度見直されていかがでしょうか。

地震大国日本です。それに付随される設備(耐震)

見直しも重要かと思います

次回は耐震についてお話をしたいかと思います。

大栄興産では多種多様な対応ができます。

お気軽にごそうご相談ください。

家の保険について

2020.03.29

4月にまもなく入るところで雪が降っています。

埼玉、春日部ではかなり降っています。

子供達は大喜びでしょうが、大人は笑えないです、、、

今日は雪など台風などで家に何かあった場合の保険適用について簡単な説明をしたいと思います。

『うちは火災保険に、入った覚えはない、、、』と加入の有無に心配される方もいるかと思いますが、、、

それも無理もないかと思います。

住宅ローンを組む際の条件として加盟が義務付けれています。

住宅ローンを組んでいる方は加盟をしていることになりますね。

条件各種を外してなければ今日のような雪でなにか壊れた!

そのような場合は保険が適用されます。

ぜひ、この機会に保険証券を見直してみてください。

ちなみに雪で破損する箇所は

1.カーポートの屋根

2.雨樋

3.屋根(軒先)

4.雨漏り(谷部)雪が溜まる場所

5.アンテナの破損

などかなと思います。

保険については、免責金額などのいろんな条件があるので、

次回の更新時に詳細を説明したいかと思います。

大栄興産では、このような保険による対処も慣れている社員が多数いますのでお気軽のご相談ください。

DIYについて(水栓編)

2020.03.25

クロスについてのDIYについてお話をしました。

今回は水栓についてお話したいと思います。

浄水器兼用タイプの水栓は、ホームセンターなどに売っています。

実際自分で出来るかと聞かれたら、私は出来るかと思います。

機械関係のお仕事、現場施工の管理の方、器用な方なら説明書を見ながら出来てしまうかと思います。

が、いざ自分で付けようと思った時に落とし穴があります。

私の経験ですがお話をします。

基本的には、キッチン、風呂、洗面化粧台と水栓を使いますが施工方法にも種類があります。

例えば壁出しの水栓( SANEI(三栄水栓製作所)

お水がでる菅につなげるタイプですね。

自分で付けてみると、あれ真っすぐにつけれないぞ、とか、上手くねじが合わずに山を切ってしまうと大変なことになります。(実際大変でした)

仕事上直し方を知っていれば問題がないかと思いますが、知識が無いとお店にお願いすることになるかと思います。

上記画像は最近のタイプです。

ワンホール型(TOTO TKY231E)です。

これはキッチン下から、ホースみたいなものを繋げます。

キッチン下部に体をいれる為慣れないと首が痛くなります。

なんの作業もコツは必要かと思います。

道具はモンキー、プラスマイナスドライバー、六角レンチくらいかと思います。

作業する際は、元栓を閉めて作業、接続はパッキンはしっかりとです!

水浸しにして、あと処理がすごく大変かと思います。

弊社でも水栓の取り換え、浄水器、電化水素水などいろんなタイプを扱っております。

相談、見積もりと気軽にご連絡ください

DIYについて(壁紙編)

2020.03.24

家の修繕作業、クロスを張り替えてオシャレにしたい!

という方は多いのでないかと思います。

部屋のイメージを変えるにはクロスの色でだいぶ雰囲気が変わります。

一面だけクロスを張り替えるだけでも全く違く部屋になります。

例えば、一般的な白いクロスを寒色に変えると広く感じるかと思います。

反対に温色系は膨張して狭く感じるかと思います。

この視覚を利用してメリハリをつけたい、存在感を出したい、などの際は

暖色系を使います。

さて、クロスをDIYしてみる内容を下記に書きます

クロスを剥がす→ボードにパテをぬる約1日乾燥→紙やすりで平滑にする→

クロスにのりをつける→壁にクロスを貼るという工程になります。

この工程を職人さんに聞いた時は、簡単だと勘違いしていました。

私の経験ですが、

①.ごみが思ったよりでる

②.クロスを剥がすのは思ったより大変

③.パテを丁度いい感じの粘度にするのはコツがいる

(微妙だと垂れてきたり、伸びない)

④クロスにのりをつける際はお店にお願いしないと後悔します。

(機械を使わないとすごく時間と体力を消耗します。私はお願いしました。)

⑤クロスを貼る際に初めての方は、のりが手に付き肌が弱い方は荒れます。

(経験ですが私はガサガサになりました。)

終わった後は、達成感と部屋に愛着がでること間違いなし!

ですが、何かと時間、道具代でお金がかかる、体力と集中力を使いますので

お店にお願いすることをおすすめします。

大栄興産では、

リフォームアドバイザーがお話を聞きより良い空間のお手伝いをします。

お気軽にご連絡ください。

↓写真はHP作成時の大工さんの写真です。大栄興産の職人は話やすいので工事中も気になる事も聞きやすいですよ!

屋根カバー工法とは

2020.03.22

雨漏り、屋根の劣化でお悩みではありませんか?

最近屋根修理に関してよく聞く、「カバー工法」という施工方法。

皆様はご存知でしょうか?

カバー工法とは「既存のコロニアルの上に、金属屋根を重ね張りする屋根のリフォームの方法」です。
要するに既存の屋根材に上から新しく金属屋根を重ねて補強する、というイメージです。
こちらの施工方法、最近の新築住宅でよく使用されており、「軽量で初期費用が安く済むため」非常に人気の屋根修理の施工方法の一つとなっています。

その他にも屋根を葺き替えると手段もあります。瓦を一度下して、新しく金属等の屋根材を張ると耐震性も上がります。これは屋根が軽くなる為です。

天然石付き金属屋根材

について今日、講習会がありました。

簡単に説明します。

安心の長期保証付き

高品質だからできる30年の材料品質保証付き。
塗り替えなしでメンテナンスコストを抑えます。

化粧スレートなどは定期的に塗り替えなどのメンテナンスが必要になりますが、エコラは天然石ストーンチップとガルバリウム鋼板を使用しているため、色あせの心配や、塗り替える必要がありませんので、長きにわたりメンテナンスフリーで、長期的にとても優れた屋根材です。
塩害にも強くサビに対する耐候性にも優れています。

屋根材では、かなり優れているかと思います。長期的な面で考えるとコストが抑えるかと思います。

詳しくはお気軽弊社にご連絡ください。

外壁塗装とは 塗り替え目安は?

2020.03.21

住まいの顔とも言える大事な外壁は、外観を美しく見せる一方で、風雨や太陽の日差し、気温の変化などにもさらされ、汚れや劣化が進みやすい環境にあります。何の手入れもせずに、傷みやひび割れを放置しておくと、ひび割れが悪化したり、表面を触った時に白い粉が出たり(チョーキング)、さらには水が浸み込んで内部が腐食、もあります。逆に、定期的なメンテナンスを行っていれば、外壁は健全な状態を維持できます。目安としては10年で一般的には塗り替えをおすすめしています。

補足ですが、屋根塗装のみをする際にも、足場の設置は必須となります。屋根塗装と外壁塗装を別々におこなうと、その都度の工事金額は安くなりますが、トータルで見ると高くなってしまいますので、足場を一度かけたときに一緒におこなうのがおすすめです。

大栄興産株式は地元で48年実績があります。お気軽にご連絡ください。

HPをリニューアルいたしました。

2020.03.06

本日、HPをリニューアルいたしました。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

TOPへ