屋根カバー工法とは

2020.03.22

雨漏り、屋根の劣化でお悩みではありませんか?

最近屋根修理に関してよく聞く、「カバー工法」という施工方法。

皆様はご存知でしょうか?

カバー工法とは「既存のコロニアルの上に、金属屋根を重ね張りする屋根のリフォームの方法」です。
要するに既存の屋根材に上から新しく金属屋根を重ねて補強する、というイメージです。
こちらの施工方法、最近の新築住宅でよく使用されており、「軽量で初期費用が安く済むため」非常に人気の屋根修理の施工方法の一つとなっています。

その他にも屋根を葺き替えると手段もあります。瓦を一度下して、新しく金属等の屋根材を張ると耐震性も上がります。これは屋根が軽くなる為です。

天然石付き金属屋根材

について今日、講習会がありました。

簡単に説明します。

安心の長期保証付き

高品質だからできる30年の材料品質保証付き。
塗り替えなしでメンテナンスコストを抑えます。

化粧スレートなどは定期的に塗り替えなどのメンテナンスが必要になりますが、エコラは天然石ストーンチップとガルバリウム鋼板を使用しているため、色あせの心配や、塗り替える必要がありませんので、長きにわたりメンテナンスフリーで、長期的にとても優れた屋根材です。
塩害にも強くサビに対する耐候性にも優れています。

屋根材では、かなり優れているかと思います。長期的な面で考えるとコストが抑えるかと思います。

詳しくはお気軽弊社にご連絡ください。

TOPへ