2020年6月の記事一覧

床のリフォーム(詳細編)

2020.06.22

床のリフォームについて説明したいと思います。

まず様々なリフォームについて説明します。

・重ね張り(フローリング材)

・クッションフロア(CF)

・フロアタイル

・カーペット

・畳からフローリングへ張り替え

と様々なリフォームの内容があります。

前回も取り上げた重ね張りについて説明します。

・重ね張り(フローリング)

・張り替え工法

既存の床材をすべて撤去してから、新しい床材を張り直すのが「張り替え工法」です。

重ね張り工法と比べると手間や材料費などがかかるため、費用は高くなってしまいますが、下地の状態を確認できるメリットがあり、和室から洋室にリフォームしたいときや、クッションフロアをフローリングに変えたいときなど、床材自体を変更したいときに適した工法でもあります。

・重ね張り工法(上張り工法/レイヤー工法)

「重ね張り工法」はその名の通り、既存の床材の上から、新しい床材を重ねて張る工法です。

張り替え工法のように解体する必要がなく、古い床材をはがすときのように音やホコリが立ちにくいため、1つの部屋の床を当日中に施工したいときに有効です。

廃材費もかからないので、下地や既存の床があまり劣化していないときには、費用や工期が抑えられて手頃なリフォームと言えます。

ただし、今ある床材に重ねて張ることから、床の段差ができてしまうため、ドアの開閉などに支障がないか確認する必要があります。
段差を解消する敷居等の部材もありますのでご相談ください。

次回はクッションフロアについて説明致します。

弊社では経験豊富な社員が在籍しています。

その為あらゆるリフォームに対応できます。

お気軽にお問い合わせください。

フローリングメンテナンス

2020.06.13

今日はフローリングのメンテナンスを紹介します。 

最近のフローリングはEB処理されています。

これは、UVやハード系コーティングと同じ特徴があり、水やワックスを弾きます。つまりワックスフリーのフローリング材を使用しています。

では、ワックスフリーのフローリングにはワックスやフロアコーティングが不要なのでしょうか? ワックスフリーのフローリングには、耐水性や耐久性は確かにありますが、メンテナンスができないため、年月が経つにつれて性能が弱くなってしまうことがあります。

重ね張りをすると部屋の雰囲気が全く変わりますのでおすすめしています。

次回は、重ね張りについて説明したいかと思います。

弊社では自社大工、管理等を全て自社で行います。

その為、お客様のご要望をあらゆる方向でお応えさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせください。

フローリングのリフォーム

2020.06.05

床のリフォームについて説明したいかと思います。

簡単に、費用・時間・近隣への影響はあるのか!

について説明をします。

・費用

重ね張り工法では既存のフローリングをはがさずに重ね張りをします。

重ね張りの為、解体工事をする必要がありません。

また発生するゴミもありません。

ですから、解体費や処分費が節約できます。

解体や処分がないとそれに伴って人件費も安くなります。

全体として施工費が抑えられるというメリットがあります。

・時間

施工にかかる時間が短いということも利点の一つです。

重ね張り工法では8帖程度までの広さの部屋であれば多くの場合は1日で施工が終わります。

フローリングの張替えの場合は1日では終わりません。

最初に説明しましたが、床解体を含めると時間、費用等もかかります。

・周囲への影響

施工時の騒音が少ないという点も利点として挙げることができます。

マンションにお住まいの方はリフォームの際にも施工時の発生音などで近隣住民へ気を遣われることでしょう。

特に床のリフォームをする時には大きな音が発生しやすいものです。

フローリングの重ね張りでは、この施工時の騒音をかなりの程度抑えることができます。

これは解体工事がないためです。

既存の床の上に接着剤で張っていきますので、騒音は極めて少ないものとなります。

・部屋の雰囲気が大きく変わる

床のリフォームですので、もちろん部屋の雰囲気は大きく変わります。

まるで新しい家に引っ越したかのように感じるかなと思います。

次回は床張りのDIY・フローリングのメンテナンスについてお話したいかと思います。

リフォームのことならなんでもご相談ください!

弊社ではプランニングから施工まで自社にて行っております。

お客様のご要望にお応えさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせください。

TOPへ